イスラエル基礎情報

イスラエル・キブツへの行き方

こんにちは。イスラエル女子部の竹内です。イスラエルと聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?治安面、文化面、またスタートアップなどイメージは様々だと思います。

私はイスラエル渡航の際キブツというところで暮らしました。
今回はキブツへの行き方をご紹介します。

 

キブツとは?


そもそもイスラエル・キブツとはヘブライ語で「集合・集団」を意味する言葉です。
イスラエルにしかない独自の共同体ですが、四国ほどの大きさのイスラエルに200以上あります!
小中学校の教科書に載っていて名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

 キブツ・ボランティア制度を使って渡航


イスラエルに少しでも長くいたい、その思いから見つけたのがキブツです。
キブツにいる条件は2か月間から6か月間なので長期休みを使って渡航します。
応募の仕方は2通り、直接サイトから申し込むか、キブツ渡航を斡旋する唯一の会社テマサトラベルを使っていく方法です。
Kibbutz Program Center: https://www.kibbutzprogramcenter.net/
テマサトラベル キブツ: https://www.temasa.co.jp/html/user_data/kibbutz.php

なんで長期滞在でも安く済むの?


2か月渡航していた私は航空券も含め約25万円ほどで渡航できました。
なぜこんなにお金がかからなかったのか…
その理由はキブツ・ボランティア制度にあります。
週6日働く代わりに食と住を提供してくれます。
好きな食べ物を好きなだけ、毎日バイキングでした!

渡航までは結構大変…

ワーキングホリデーを積極的に取り入れている日本。
ですがキブツボランティアという制度はちょっと特殊で、まだあまり日本で知られていないという事実。
なので渡航するにも手続きが少し面倒だったりします。
私の場合はビザ含めすべての手続きが完了するまでに2か月ほどかかりました。

到着するまで滞在先はわからない


ここ、レオナルドダヴィンチストリートにキブツプログラムセンターはあります。
オフィスに着くとおおまかな希望を聞かれて(北・南地方どっちがいい、何がしたい等)、オフィスの方がいくつかのキブツに直接電話をしてくれます。
2か月の滞在が電話一本で決まるの、スゴイ…

 

出発!2か月以上の滞在


滞在先が決まったら書類とTシャツをもらって写真撮影をして出発です!
次回は実際に竹内が2ヵ月間滞在したキブツと、そこでの仕事についてご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です